ダイエットの知識(2)

1ヶ月でダイエット・焦らず計画的に痩せよう

ダイエットを始めるとき、「まずは1ヶ月で○kg痩せよう!」と目標を立てる人が多いのではないでしょうか?きちんと目標を立てるのはよいことですが、無理な減量は禁物です。

1ヶ月でダイエットする注意点

ダイエットは、無理に早く痩せようとするとリバウンドをしやすくなります。食事制限のやりすぎで筋肉量が減ったり、ストレスが溜まって暴飲暴食したりしてしまうからです。

ストレスなく食事制限と運動を組み合わせ、1ヶ月で約1キロずつ痩せていくのが理想と言えます。1キロでは変化がない、物足りないと感じる人は、最大3キロの減量を目標としてみましょう。

1ヶ月で3キロダイエットする方法

1ヶ月で3キロ痩せたい場合、食事制限のみのダイエットは困難でしょう。食事を抜けば簡単に痩せますが、体についている筋肉量が減ります。筋肉量が減ると、脂肪が燃焼されにくくなるため、ダイエットには逆効果です。

反対に、運動のみで痩せようとすると、相当ハードなトレーニングが必要となります。それはそれでストレスが溜まり、ダイエットが続きません。

リバウンドを防ぐためにも、食事制限と運動を並行し、筋肉量を維持しながら痩せましょう。

1ヶ月で必ず3キロ落としたいなら、毎日の継続が大切です。長期間のダイエットなら、たまに休憩やご褒美があってもよいでしょう。しかし、1ヶ月という短期間で痩せるためには、そんな余裕はありません。

例えば、運動をするにしても、ウォーキングやジョギングだと天候に左右されます。「今日は雨が降っているから休憩しよう」などと思っていると、どんどんサボり癖がつきます。これではダイエットに失敗してしまうので、運動を毎日継続できる環境を作ってください。

そのためには、室内でできる運動を始めましょう。例えば、スポーツジムやヨガスタジオに通うことを日課にしてみてください。ジムでできる運動のなかでは、短時間で効果が出るボクササイズがおすすめです。ボクササイズをやっていると、多くのカロリーが消費される上、リズム感を鍛えられます。ジムなどに通うのは最初は面倒かもしれませんが、生活の一部になればそこまで苦痛ではありません。

もし、どうしても外出が苦手な人は、家で使えるダイエット器具を買いましょう。買っただけで使わなければ意味がありませんが、ジムに通うよりはハードルが下がります。

食事制限は、無理のない範囲で実行することが大切です。朝と昼はしっかりと食べて、夜はスムージーだけにする程度がよいでしょう。

早く痩せたいからと言って、まったく食べない断食をするのはNGです。たとえ痩せたとしても、筋肉量が減る上、肌や髪がボロボロになります。脂質や糖質を最低限に抑え、タンパク質やビタミンなどの栄養はしっかりと摂取してください。

また、同じものばかり食べる偏食ダイエットもやめましょう。一時的に痩せたとしても、すぐにリバウンドしてしまう方法です。

1ヶ月で5キロのダイエットはハード

1ヶ月で5キロ痩せたい場合は、かなりハードなダイエットが必要です。

肥満体型の人なら、最初は体重が落ちやすいかもしれません。しかし、やはり過度なダイエットはNGです。無理な食事制限や運動により、相当なストレスがかかることになります。

どうしても1ヶ月で5キロ痩せたい人は、まず炭水化物を食べる量を減らしましょう。野菜と卵、鶏の胸肉やささみなどを中心とした食事に変えてください。それに加えて、良質な油を摂取することも大切です。青魚やナッツ類、オリーブオイルなどで、油分を適度に摂取しましょう。油分を摂取しなければ便秘の原因となるので、少量の良質な油が必要です。

食事制限に加え、運動も必須です。5キロも痩せる必要があるなら、パーソナルトレーナーをつけることも考えましょう。自身に合ったダイエット法、痩せるペースなどを指導してもらえます。

1ヶ月で痩せるためには、計画性と実行力が必要です。無理のない範囲で、ダイエットに励みましょう。