ダイエットの方法を紹介!自分にあったダイエット方法を選ぶ

ダイエットの方法を紹介!自分にあったダイエット方法を選ぶ

ダイエットにはさまざまな方法があります。健康的にスリムなスタイルを手に入れるためには、自分自身の体と心に合った方法でダイエットを実践することがポイントです。

基本のダイエット方法は以下です。

  • 食事
  • 運動
  • マッサージ
  • 医薬品

上のダイエット方法について、順番に解説していきます。

食事系のダイエット方法

食事に関するダイエット法は多種多様です。食事系のダイエットを細分化すると、以下のように分類できます。

  • 置き換え
  • 断食
  • 食べ順
  • 食べる時間

置き換えダイエットでは、いつもの食事を1食または2食、市販のダイエット食品に変更する方法が定番です。そのほか、野菜やフルーツ、手作りのスムージーに置き換える方法もあります。簡単に摂取カロリーを減らせるので効果が出やすい方法ですが、リバウンドしやすいのが難点です。

断食ダイエットは、デトックスできるのがポイントです。腸内環境をリセットして、痩せやすい体を作ります。また、断食に耐えることで食欲が抑えられるようになり、暴飲暴食も減ります。この場合も、断食が終わってすぐにドカ食いするとリバウンドするため、自己管理を怠らないよう注意してください。

食べ順ダイエットは、普段の食事で食べる順番を変更する方法です。または、普段の食事の前に食べ物や飲み物をプラスし、逆に食欲を抑える手法もあります。主に野菜や炭酸水などを食事の前に摂取し、満腹感を早めに味わえるようにします。この方法は、続けていればリバウンドはしにくいでしょう。しかし、手順だけにこだわっても、普段と同じ量を食べているとあまり意味がありません。

食べる時間を調整するダイエットの方法は2つあります。1つは、「〇時以降は食べない」と時間帯を決めるダイエットです。もう1つの方法は、「1日の食事を〇時間以内に収める」というダイエットです。どちらのダイエット法でも、しっかりと継続すれば痩せられます。ただ、生活リズムによっては実践しにくい場合があるのはデメリットです。

運動でダイエットする方法

運動不足な人が急に始めると、ケガのもとになります。そういった場合は、日頃の呼吸や歩行から改善していきましょう。

呼吸は常に無意識で繰り返しているため、トレーニングをしていない限りは独自の呼吸法が染みついています。ダイエットに取り組む際は、しっかりと深く呼吸し、酸素を吸い込むことを意識してください。

さらに、運動の前にはストレッチが欠かせません。「最近まったく運動をしていない」という人は、いきなりランニングなどを始めず、ストレッチで体を伸ばすだけでも十分です。ある程度の期間ストレッチを繰り返して、体が慣れてきたら運動を始めましょう。

運動は、まず軽いウォーキングやランニングから始めてみてください。ダイエットには有酸素運動が効果的です。それに加えて筋トレや体幹トレーニングもおこなうと、代謝がアップしてさらに痩せやすい体質になります。

マッサージでダイエットする方法

マッサージでダイエットする方法を大きく分けると、自分でやるかお店で施術してもらうかの2択です。リンパやツボを刺激し、ダイエットにつなげます。

自分でやる場合は、いますぐにでも始められるので手軽です。ダイエット器具を購入してみてもよいでしょう。

お店へ行く場合、マッサージ店とエステサロンでも内容が異なります。どちらにせよ、自分でダイエットするよりも高額な費用がかかります。特にエステサロンの契約は慎重におこなってください。美しい体型に近付ける可能性はありますが、楽をして痩せる方法はそんなにありません。

医薬品でダイエットする方法

どうしても自力で痩せられない人のために、ダイエット用の医薬品があります。ダイエット用の医薬品でよく知られているのは、サノレックスやゼニカルです。

サノレックスは国内の医薬品で、食欲を抑制する効果を持ちます。しかし、依存性などが懸念されており、長期間は使えないダイエット薬です。

ゼニカルは海外の医薬品で、食事の油分を3割ほどカットしてくれます。ゼニカルは長期間でも続けやすく、油の多い食事のときにだけ飲めばOKです。ただし、お腹が緩くなるなどの副作用があります。

医薬品は臨床試験で効果がしっかりと証明されていますが、それ以上に本人が暴飲暴食していればやはり痩せません。「薬を飲んでるから大丈夫!」などとは思わず、自己管理も怠らないようにしましょう。