ゼニカル公式の飲み方!服用のタイミングをマスターしてダイエット!

ゼニカルは、1回1錠を食事中、または食後1時間以内に服用するダイエット薬です。1日の上限は3錠で、正しい飲み方を続けることで、ゼニカルの効果を最大限に引き出すことができます。

今回は、ゼニカルの正しい飲み方について紹介します。また、飲み合わせに気を付けなければならない薬、ゼニカルを服用できない人の特徴などについても見ていきましょう。

ゼニカルの飲み方の基本!食べたときだけ飲めばいい!

錠剤のイメージ画像
ゼニカルは、1度に1錠まで飲むことができます。たくさん食べ過ぎたからといって、1錠以上を服用するのはやめましょう

また、たとえ飲み忘れてしまっても、昼と夜の分をまとめて飲む、といった飲み方も避けるようにしてください。

食後2時間以上が経過している場合は、ゼニカルを服用しても正しい効果を得ることができません。大人しく諦めましょう。

ゼニカルを服用すると、約30分で有効成分の血中濃度がピークを迎え、2時間ほど効果が持続するとされています。服用をする間隔は、最低でも2時間以上はあけるようにしましょう。

ゼニカルは、食事に含まれる脂肪を吸収させることなく、そのまま排出させることができるダイエット薬です。食後2時間以上が経過してしまうと、食事に含まれる脂肪は分解され、吸収されてしまうので、服用しても意味がなくなってしまいます。そのため、食事中もしくは食後1時間以内の服用は厳守する必要があります。

特におすすめのタイミングは、食後です。食事の最中に飲むという方法もありますが、薬を飲むタイミングを気にしていては、食事を満足に楽しめませんよね。

食事の後に飲むのであれば、栄養が吸収されるタイミングとゼニカルの作用が発現するタイミングが重なり、高い作用を期待することができます。服用のタイミングに気を取られずに、食事を楽しむこともできるでしょう。

ただし、もし食事が長時間にわたるという場合、最初に食べたものは最後の方には吸収されてしまってます。そのため、食事の時間が長い場合には、脂っこいものを食べた後すぐゼニカルを服用するようにしましょう。もしアルコールを飲んでいる状況でも、ゼニカルを服用することで効果を得ることができます。

飲み忘れを防ぐために、食前に飲みたいという人もいるかもしれませんが、その方法は推奨されていません。服用後すぐに食事を済ませれば、食後に服用した場合と同じとされているものの、服用してから食事までの時間があいてしまうと、効き目がなくなることがあります。

服用のタイミング、食事の時間には十分注意しましょう。

ゼニカルと飲み合わせの悪い薬

錠剤のイメージ画像
ゼニカルは医薬品なので、他の医薬品と同じタイミングで服用した場合には、どちらかの医薬品の効き目がなくなってしまったり、逆に効きすぎてしまうということが起こる恐れがあります。

ゼニカルと相性が悪いとされている薬は、以下の通りです。

  • 抗凝血剤
  • シクロスポリン
  • 抗てんかん薬
  • チラージン

これらの医薬品を日常的に服用している場合には、必ず医師に相談をしたうえでゼニカルを服用するようにしましょう。

また、その他の医薬品についても同様です。普段から医薬品を服用しているけれど、ゼニカルとの飲み合わせについてはよく分からないという場合には、医師に相談したり、お薬手帳を確認したりするようにしましょう

ゼニカルはアメリカ食品医薬品局による厳しい審査基準を満たしたダイエット薬で、高い効き目が期待できますが、飲み方を間違えてしまうとトラブルにつながりかねません。

ゼニカルを継続して使用していると、脂溶性のビタミンが排出されてしまうために、ビタミンが不足してしまうことがあります

脂溶性のビタミンが不足することで、肌荒れや肌のかさつきなどの症状が見られるようになります。もし肌が乾燥を感じたら、ゼニカルの服用回数を減らすか、サプリメントなどを活用するようにしましょう

ゼニカルとサプリメントを同じタイミングで飲んでしまうと、脂溶性ビタミンの吸収が阻害されてしまいます。これではサプリメントを飲む意味がなくなってしまうので、必ず間隔をあけて飲むようにしてください

なお、ゼニカル自体と相性が悪いサプリメントはありません。

ゼニカルを飲んではいけない人ってどんなひと?

ストップと書かれた手のイメージ画像
比較的安全な医薬品といわれているゼニカルですが、ゼニカルの服用を禁止されている人もいます

ゼニカルを服用できないのは、肝臓・腎臓に疾患がある人です。ゼニカルを服用したことによって、肝臓の移植手術が必要になったケースもあり、かつ腎臓に関しても障害が起こることが考えられます。

もし、これまでにはなかった手足のむくみや皮膚のかゆみ、背中の痛み、白目や皮膚が黄色っぽくなっているように感じられた場合には、早急に医師に相談してください。

また、ゼニカルを服用すると胆石症になるリスクもあります

減量をすると胆石症になるリスクが高まるとされていますが、加えてゼニカルまで服用すると、そのリスクはさらに上昇します。

腹部の痛み・吐き気・嘔吐などの症状が見られた場合には注意が必要です。また、過去に胆石症を患ったことがある場合も要注意です。

その他にも、アレルギーを持っている人や、妊娠中・授乳中の女性もゼニカルは飲まないほうがよいとされています。

なお、肝臓・腎臓・消化吸収器官疾患・胆石症の治療を行っている場合も、ゼニカルの服用はひかえましょう。これらの治療で使用する薬剤は、ゼニカルと同じタイミングで服用しないほうがよいとされる薬です。

ゼニカルの服用とは直接関係のないことかもしれませんが、急激な体重減少が起こった場合には、頭痛や吐き気、だるさ、生理不順、不安感などの症状が起こりやすくなります。

ゼニカルは抗肥満薬として、BMI30以上の人を対象に処方される薬です。BMI30以下の人が服用したことにより生じる身体への影響については、十分なデータが揃っていないため、どのような影響があるのか分かっていないのが現状です。

ゼニカルの服用に関して、少しでも不安があれば病院を受診し、医師の指示に従うようにしましょう。