ゼニカル公式の飲み方!服用のタイミングをマスターしてダイエット!

食事を楽しむ複数の女性

ゼニカルの正しい飲み方は、1回1錠を食事中に服用するか、食後1時間以内に服用する、というものです。また、ゼニカルは1日3錠が上限とされています。1日の食事の回数自体は、忙しい人とそうでない人で異なるでしょう。1日の食事回数が3回以上であるという場合には、特に脂っこい食事をする時にあわせて服用をすると良いでしょう。

ゼニカルの飲み方の基本!食べたときだけ飲めばいい!

ゼニカルは、1度に1錠まで飲むことができます。たくさん食べたからと言って、1錠以上服用するという事は推奨されている飲み方ではありません。また、飲み忘れてしまったからと言って、まとめて飲むということも避けるようにしましょう。

食後2時間以上が経過しているという場合には、ゼニカルを服用したとしても効き目はありません。潔く諦めることをおすすめします。ゼニカルを一度服用すれば、効き目はすぐに無くなるというわけではありません。状況によって若干の違いはありますが、服用してから30分ほどで有効成分の血中濃度がピークを迎え、2時間ほど持続するとされています。服用をする間隔は最低でも2時間以上はあけるようにしましょう。

ゼニカルは食事に含まれる脂肪を、吸収させること無く、そのまま排出させる事が出来るというものです。食後2時間以上経過してしまうと、食事に含まれる脂肪は分解され吸収されてしまっていますので、服用しても意味がありません。そのため、食事中もしくは食後1時間以内に服用するという事は厳守する必要があります。

特におすすめの方法は食べた後に飲むということです。食事の最中に飲むという方法もありますが、薬を飲むタイミングを気にしていては、食事を楽しむ事は出来ません。食事の後に飲むのであれば、栄養が吸収されるタイミングとゼニカルの作用が発現するタイミングが重なり、高い作用を期待することが出来ます。服用のタイミングに気を取られずに、食事を楽しめるでしょう。

ただし、もし食事が長時間にわたるという場合、最初に食べたものは最後の方には吸収されてしまってます。そのため、食事の時間が長いという場合には、脂っこいものを食べた後すぐに、ゼニカルを服用するようにしましょう。もしアルコールを飲んでいる状況でも、ゼニカルを服用することで効果を得られます。

飲み忘れを防ぐために、食前に飲みたいという人もいるかも知れませんが、その方法は推奨されていません。服用後すぐに食事を済ませれば、食後に服用した場合と同じとされているものの、服用してから食事までの時間があいてしまうと、効き目がなくなることがあります。服用のタイミング、食事の時間に注意をしましょう。

ゼニカルと飲み合わせの悪い薬

ゼニカルは医薬品ですので、他の医薬品と同じタイミングで服用した場合には、どちらかの医薬品の効き目が無くなってしまったり、逆に効きすぎてしまうということが起こる可能性があります。

ゼニカルと相性が悪いとされている薬は、ワルファリンなどの抗凝血剤やシクロスポリン、抗てんかん薬、チラージンなどです。これらの医薬品を日常的に服用しているという場合には、必ず医師に相談をして上で服用をするようにしましょう。また、その他の医薬品についても同様です。普段から医薬品を服用しているけれど、どのような医薬品を服用しているか分からないという場合には、医師に相談をしたり、お薬手帳を確認するようにしましょう。

ゼニカルを病院で処方してもらっているという場合であれば、その時に医師に相談をすることが出来るでしょうが、個人的に購入したという場合には、医師に相談をする機会を逸してしまっている可能性もあります。普段、どのような種類の医薬品を服用しているか分からない人は少ないでしょうが、不安があるという場合には、まずは医師に相談をするという事が必要になってきます。

ゼニカルを個人的に海外から購入するという場合には、いちいち病院を受診するのが面倒、より安くゼニカルを手に入れたいという希望を持っていることが多いことでしょう。にも関わらず、服用することが出来るかどうかを医師に問うのは面倒に感じられるかもしれません。しかし、体調を崩してしまっては元も子もありませんし、お金も余計にかかってしまうことが考えられます。

ゼニカルはアメリカ食品医薬品局による厳しい審査基準を満たした肥満治療薬で、高い効き目を期待することが出来ますが、飲み方を間違えてしまうとトラブルにつながりかねません。

ゼニカルを継続して使用していると、脂溶性のビタミンが排出されてしまうために、ビタミンが不足してしまうことがあります。脂溶性のビタミンが不足することで、肌荒れや肌のかさつきなどの症状が見られるようになることが考えられます。もし肌が乾燥するような症状を感じた場合には、ゼニカルの服用する回数を減らすか、サプリメントなどを活用するようにしましょう。ゼニカルとサプリメントを同じタイミングで飲んでしまうと、脂溶性ビタミンの吸収が阻害されてしまいます。これではサプリメントを飲む意味が無くなってしまいますので、間隔をあけて飲むようにしましょう。なお、ゼニカル自体と相性が悪いサプリメントはありません。

ゼニカルを飲んではいけない人ってどんなひと?

比較的安全な医薬品と言われているゼニカルですが、飲んではいけない人もいます。

服用できないのは肝臓・腎臓に疾患がある人です。ゼニカルを服用したことによって、肝臓の移植手術が必要となった人がいるという報告もありますし、腎臓に関しても障害が起こることが考えられます。もし、これまでにはなかった手足のむくみや皮膚の痒み、背中の痛み、白目や皮膚が黄色っぽくなっているように感じられた場合には医師に相談をするべきでしょう。

胆石症になるリスクもあります。減量をしている時には胆石症になるリスクが通常よりも高くなるとされています。一般的な減量方法に加えてゼニカルを服用することによって、わずかではありますがそのリスクが高くなるとされています。腹部の痛み・吐き気・嘔吐などの症状が見られた場合には注意が必要でしょう。また、過去に胆石症を患った事があるという場合も要注意です。

その他にも、アレルギーがあるという場合も飲まないほうが良い場合もあります。アレルギーと一口に言っても、様々なものがあり、普段の生活では自覚症状がないこともありますので、何らかのアレルギーがあるという時には注意が必要ですし、体調を崩した場合にはゼニカルの服用を中止しつつ、症状改善のための治療を受けるようにしましょう。

肝臓・腎臓・消化吸収器官疾患・胆石症の治療を行っているという場合、ゼニカルと同じタイミングで服用しないほうが良い医薬品が使用されますので、ゼニカルは飲んではいけません。そして、普段とは身体の状態が異なる妊娠・授乳中も服用は避けたほうが良いでしょう。

なお、ゼニカルの服用とは直接関係のない事かもしれませんが、急激な体重減少が起こった場合には、頭痛や吐き気、だるさ、生理不順、不安感などの症状が起こりやすくなります。

ゼニカルは抗肥満薬として、BMI30以上の人と対象として処方されているものです。BMI30以下の人が服用したことにより生じる身体への影響については、十分なデータが揃っていないため、どのような影響があるのか分かっていないのが現状です。

ゼニカルは、海外から個人的に輸入をするという方法で簡単に手に入れられます。しかし、個人輸入で購入した製品が本物であるか分かりませんし、どのような影響があるのかも不透明です。少しでも不安があるという場合には病院を受診し、相談をするとともに医師の指示に従うようにすることをおすすめします。